忙しい人のためのSEO対策とWebライティングのノウハウまとめ | 合同会社ムジンケイカクプロ

忙しい人のためのSEO対策とWebライティングのノウハウまとめ

SEO対策とWebライティング Webライティング

このページでは、主に2冊の書籍から得られるノウハウを抜粋し、自己のSEO対策経験と合わせて紹介しています。

検索エンジン表示順位でのクリック率の差

1位表示 22.73%
2位表示 6.40%

▼参考URL
【2020年版】検索順位別クリック率(CTR)と年代別推移まとめ|SEOラボ

SEO対策は1位表示に価値がある。
しかし、記事コンテンツのテーマを間違えば、検索されてもあなたの記事がクリックorタップされない事態になります。

Webコンテンツを作る4つのポイント

  1. 企画:一過性でないテーマ
  2. 執筆:ユーザーにアクションを起こさせる文章
  3. 編集校正:読みやすいこと
  4. キャッチコピー:インパクトがある

▼参考
SEO対策のための Webライティング実践講座

SEO対策の無料ツールを見つける

自分の作業に合った、使いやすいSEO対策ツールを見つけましょう。

普段使いのSEO対策ツールまとめ

無料で検索キーワードの検索ボリュームを調べる

検索ボリュームとは、例えば月間でどのくらいのユーザーが検索するのかという数値指標です。

検索ボリュームが大きければ、よく検索されている検索キーワードとなり、競合他社とのせめぎ合いが予想されます。

Google キーワードプランナーを利用したWebライター向け検索キーワードの調査方法

検索キーワードの人気度チェック

Google トレンド

画面の指示に従って、検索キーワードを入力してみましょう。

SEOとSEO対策という似たキーワードでも、検索ユーザーからは大きな人気の差があります。

検索キーワードの選定は、コンテンツSEOに最も大切な要素となります。

なるべくグラフが右肩上がりで、将来性のある検索キーワードを狙いましょう。

ユーザーに呼びかけアクションを誘導する

他の記事でも書きましたが、ユーザーにはこちらから呼びかけなければなりません。

こちらがユーザーに何をしてほしいかを伝える必要があります。

エリア系:「美容室 代官山」「レストラン 渋谷」など場所を限定するキーワード
お悩み系:「ダイエット 方法」「転職 仕方」など解決方法を含むキーワード
購入系:「デジカメ 激安」「SEO対策 相場」など購入意思を含むキーワード
緊急系:「デジカメ 修理」「名刺 即日」など緊急性を含むキーワード

…中略…
また、アクションにつながるキーワードは、単一キーワードに何かした動機を表すキーワードがセットになっています。

▼参考URL
SEO対策のための Webライティング実践講座

Q&Aサイトを活用する

質問傾向や回答数の多さなど、感心が高い質問と答えには、多くのユーザーの興味が存在ます。
具体定期なターゲットを想定する際に、質問や回答しているユーザーのプロフィールを見ることもできます。
コンテンツSEOにおいて、ペルソナ作りがよりリアルに素早く行えるのもメリットです。

Webライティングにおいて、テーマに対して具体的な内容記述を求めらた時にも役立ちます。

記事の構成やアイキャッチ画像作成に役立つ視線の動き

ユーザーの視線の動きを意識して、記事のレイアウトや画像の構成を考える。

短く均質なコンテンツで見られるグーテンベルグ・ダイヤグラム

ななめ読みが難しいコンテンツで見られるZパターン

多くのコンテンツ見られるFパターン

▼参考URL
SEO対策のための Webライティング実践講座

グーテンベルグ・ダイヤグラムは、本屋や雑誌のレイアウトです。
左上から右下へ視線が移動します。

Zは字の形そのままですね。
解説や学習を促すコンテンツの時には、ユーザーが1行1行しっかり読むことで、Zパターンの視線の動きになります。

Fパターンは、縦で全体を捉えながら、読みたいところだけ詳細に読む際の視線の動きです。
スマートフォンで縦にコンテンツをスクロールしながら、読みたいところだけ左右にスライドさせるような動きに近いです。

ファーストビューの3秒ルール

目の前のコンテンツを読み進めるか、他のページへ離脱するか、判断に3秒もかからないと思います。

それだけユーザーの目に入るファーストビューは大事です。
このコンテンツはユーザー自身に関係することなのだと瞬間的に印象づけなければ、Webライティングの価値は損なわれます。

▼参考URL
SEO対策のための Webライティング実践講座

記事タイトルのつけかた

ファーストビューに関連して、最も早い段階でユーザーの目に留まるものがあります。
それが記事タイトルです。

タイトルに重要な10パターンの演出

①自分事化…中略…⑩行動提案

沈黙のWebライティング —Webマーケッター ボーンの激闘—〈SEOのためのライティング教本〉

基本は以下。

  1. 読み手のターゲットを絞る
    「SEO対策は難しいと投げ出したあなたが、SEO対策で成功する方法」
  2. 読み手の周りの人にターゲットを絞る
    「あなたの上司が尊敬されない3つの理由」
  3. 書き手が持つ特徴からのギャップ
    月収3万円の極貧アルバイトから、年収800万円のITベンチャーに転職した私の方法
    胴長短足の私がフォロワー10万人のインスタグラマーになれた3つの理由
  4. 数字を使った説得力
    コンバージョン率1%台から2週間で8%超へ改善した、ネットショップ改善方法
  5. 情報網羅性
    これだけ読めば大丈夫。SEO対策大全-1000の技術
  6. 簡易性・即効性
    自宅で今すぐできる!脚痩せ5分エクササイズ
  7. 読み手の心情の代弁
    傲慢上司に伝えたい!部下の心が離れる瞬間10選
  8. 結果を伝える
    無広告で半年売上100万円超え。フリーランス複業で稼ぐPRのコツ(実話)
  9. デメリット
    今更聞けない、SEO対策の基本
    知らないと年10万損するフリーランスの税金の話
  10. コンテンツの活用方法
    見るだけで視力がよくなる絵本10選

参考文献

 

タイトルとURLをコピーしました