自分のやりたいことがホームページ作成でしかできないことかどうか確認する | 合同会社ムジンケイカクプロ

自分のやりたいことがホームページ作成でしかできないことかどうか確認する

Webマーケティング Webマーケティング

あなたのやりたいことは他との圧倒的な違いがあるのか?と言われて、それがホームページ(サイト)作成でしか表現できないないなら、製作をするしかありません。
最良の判断です。

集客方法から考える

集客だけを考えると、ホームページ作成で差別化しなくても、SNS上で物は売れるわけです。
今やSNSやYoutubeで広告展開したほうが結果が出るまで速いです。
サイトは必ずしもいらないというのが前提にあります。
マーケティングの方向を変えて考えれば、競合他社と差別化もできます。
ご自身や自社のSNSアカウントのフォロワーが多いというのが売り上げに直結するなら尚更です。
コカ・コーラをディスるペプシの如く、伝えたいことが明確ならばやることも明確になってきます。
差別化の手法によるのです。

差別化

差別化という言葉は独り歩きしがちです。
差別化が低価格競争したり新サービスを展開したりすることだと考えている人には、私はそれは違うと伝えています。
本来の差別化の理想は、あなたのサービスを利用するユーザーにとって、他との差別化されたメリットが素早く伝わるようになっていることが差別化された状態ではないでしょうか。
あなたの持つ思いは誰に向かって発信するべき情報なのか、もう一度考えてみてください。
あなたがサイト上でやりたいことが正しく表現できれば儲かります。
それができないならホームページ作成をしても無意味です。
差別化を間違っては、絶対に儲からないです。
Amazonや楽天市場で商品を買う方がメリットがあれば、あなたのサイトで賞品を買う必要がありません。

差別化の例

ホームページ作成で他社よりも充実したQ&Aや最新情報を掲載し、扱う商品に関する情報をこまめに発信したい。
SNSでも最新情報は発信しているが、間違った情報が拡散されることもある。
情報元を明確にするために、自社サイトに最新情報掲載する必要があると考えている。
会社のモットー、ビジョン、歴史なども掲載し、会社の信頼性UPと顧客満足度UPに貢献できるコーポレーションサイトが必要だ!

上記なら自然と差別化できています。
あなたが強烈にユーザーに伝えたいことがあって、はじめてサイトが必要になります。

タイトルとURLをコピーしました